食事内容を見直す

糖質制限と高タンパク質

獣医

犬は高齢になるほど癌になりやすくなります。
実際に、現在飼育されている犬のほとんどが寿命が延び、癌になる犬が増えています。
しかし、高齢化によって癌が抑えられないわけではなく、普段の生活からある程度の予防はできます。
その1つに食事療法があり、健康的な食事にするだけで癌の抑制が期待できるのです。
癌の抑制に効果的な食事内容とは、糖質制限と高タンパク質です。
糖質制限とは、糖分が高い炭水化物が挙げられます。
これはブトウ等を含むため、それを取りすぎると癌の発生に関わってきます。
犬が食べるドッグフードのほとんどが穀物であるので、炭水化物となります。
炭水化物はできるだけ少なめにして与えるようにし、代わりにタンパク質やビタミン類などを多く与えることが大切です。
炭水化物の与えすぎは肥満の原因にもなるので、やはり適量を意識しなければいけません。
高タンパク質な食事は、筋肉の発達に関わり、頑丈な体へ仕上げてくれます。
タンパク質が不足してしまうと、犬の内臓機能が低下してしまいます。
そうなると癌の増殖に拍車をかけてしまうので、不足しないように積極的に与える必要があります。
炭水化物の代わりに摂取できる栄養となるので、高タンパク質な食材を与えるのがおすすめです。
犬の食事を上記のような健康的な内容に変えていくと、場合によっては犬がストレスを感じてしまうこともあります。
本当は犬が小さいころから食事に気を使ってあげるのが一番ですが、途中から見直す場合は急に変えるのはおすすめできません。
犬がストレスを感じない程度に徐々に変化をつけるようにするのがポイントで、食事内容に慣れさせていくことが重要です。

体形や日ごろの動作が原因

獣医と動物

椎間板ヘルニアは、特定の犬種に多く見られる病気です。
この病気になると、日常の生活にも支障を来すようになりますので、飼い主は早めに兆候に気づくことが大切になってきます。
一般的に椎間板ヘルニアは、足の短い犬種に多く発症すると言われています。
こういった犬種は元々関節に負担がかかりやすく、何らかの要因が重なることで椎間板ヘルニアの発症リスクがさらに高まります。
要因の一つとして挙げられるのが、体重の増加です。
犬も太ってくると、足で体を支えるのが困難になります。
体の重みが加わり、不自然な動作が生じてしまうが、椎間板ヘルニアを誘発してしまう原因です。
小型犬の肥満は、特にこのような病気の一因になりやすいため、注意を要します。
日常生活の中で頻繁に昇り降りを繰り返す犬も、椎間板ヘルニアに気を付ける必要があります。
毎日の散歩や家の中で繰り返される動作は、思いの外、犬の体に影響を与えます。
活発な犬の場合は運動量も増えることから、好ましくない環境で飼育していると体へのダメージが大きくなってしまうのが問題です。
このような椎間板ヘルニアの兆候は、ちょっとした動きに現れてきます。
今までとは明らかに異なる動作をするようになったら、体に何か異常が起きていると考えられます。
椎間板ヘルニアでは、痛みやしびれなどの症状が生じてくるため、症状が進むにつれて犬の動作にも変化が現れるのが一般的です。
早めに気づことが出来れば、要因となっている問題を解消するべく対策が講じられます。

老化や肥満なども原因です

獣医と動物

ダックスフンドやシーズーなどの、胴長で短足の犬は椎間板に負担が掛かりやすく、椎間板ヘルニアに罹りやすい傾向があります。
椎間板はクッションのような役割をしていますが、交通事故や高い場所からの落下、老化などが原因で、髄核が外に突出してしまい、神経や脊髄を圧迫してしまいます。
犬の椎間板ヘルニアの主な症状は、散歩などの運動を嫌がるようになったり、不自然な歩き方をしていたり、前足や後ろ足の痛みや痺れなどが見られるようになります。
病気が進行すると排便や排尿が困難になってしまうので、気になる症状が見られる場合は、動物病院を受診して、レントゲンやCTなどの精密検査を受けさせる必要があります。
犬の椎間板ヘルニアは、非ストロイド剤の投与や、抗炎症作用の内服薬を処方する対症療法を行っています。
椎間板ヘルニアの症状が進行している場合は、多少のリスクは伴いますが、外科手術を行う場合があります。
現代は動物医療も進歩しているため、以前に比べると犬の体に負担の少ない治療も行っているので、医師に相談をしてみると良いでしょう。
手術を行うことで、痛みや痺れなどが緩和しやすくなりますが、予後があまり良くないケースもあります。
獣医師と納得が行くまできちんと話し合うようにして、最適な治療法を提案してもらうことが大事です。
肥満気味の犬は、背骨や椎間板に負担が掛かりやすく、標準体重の犬に比べると病気に罹るリスクが高まるので、病気を予防するために、適正体重を維持する努力が必要です。

ペット葬儀なび

ペット供養業者がとても多いため、どこを選んだらいいのか迷ってしまう人もいるはず!そんな人はこちらに相談しよう。

臆病で強気な性格

チワワ

チワワは愛嬌のある姿からとても人気のある犬種であり、今でも飼いたいという人がたくさんいます。そのチワワの性格は臆病でありながらも強気なところもあり、それは育て方やしつけ方、飼っている環境によって変わっていくといわれています。

もっと読む

好奇心が強く人懐こい

ドッグ

チワックスは、チワワとミニチュアダックスフンドを交配させたミックス犬です。チワックスは大きな瞳と耳が特徴になっており、胴長短足の愛らしい体型をしています。成犬時の体重は3キロから、4キロ前後になっています。

もっと読む

小型犬を飼うなら

ウーマン

小型犬にも沢山の種類がありますが、ヨークシャテリアは美しい被毛が魅力の可愛らしい犬です。毛が長いのでお手入れはきちんと行うことが大事です、ヘアカットも楽しめますので、似合うカットを選んであげましょう。寒さに弱い傾向にありますので、保温はきちんと行いたいところです。

もっと読む